ルイヴィトン_小銭入れ_紹介

「ルイ・ヴィトンの小銭入れが欲しい」「おすすめの小銭入れが知りたい」

この記事を読んでいるあなたはこのように考えていませんか?

ルイ・ヴィトンといえば多くの人に愛される高級ブランドで「いつか自分も手にしたい!」と思う方も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回は、ルイ・ヴィトンのおすすめ小銭入れを8つ紹介します!

機能性、デザインの特徴などをわかりやすく解説しました。

小銭入れをどれにしようか悩んでいる方はぜひ参考にしてみてくださいね。

ルイヴィトンの小銭入れが人気な理由

ルイ・ヴィトンといえば、今や誰もが知る高級ブランド。モノグラムやダミエといった人気モデルラインに加え、シンプルかつ大人の魅力がぎっしり詰まったエピ、タイガなどのモデルラインは持つ人々の高揚感を高めてくれます。

 

街へ出かけると、ルイ・ヴィトンのアイテムを見かけることは非常に多いでしょう。

とはいえ、ルイ・ヴィトンは高級ブランドですから価格帯も安いものではありません。

「ルイ・ヴィトンのアイテムを持ちたいけど、なかなか手が出ない…」そんな思いを抱えている方も多いのではないでしょうか。

 

そんな方におすすめしたいのが、今回紹介するルイ・ヴィトンの小銭入れです。

なぜ小銭入れがおすすめかというと、他アイテムよりも安価でルイ・ヴィトンのこだわりやその魅力を楽しむことができるからです。

 

ルイ・ヴィトンは、創業当時から製品のデザインや材質にこだわったものを作り上げてきました。

たとえば、ヴェルニというモデルラインの革は”カーフスキン ”と呼ばれる牛革のなかで最も高級な素材を使っています。

 

代表的なモデルライン「モノグラム」においては、LVのマークがどんなアイテムであっても必ずアイテムの中央部分に配置されるようにつくられています。

 

このように、ルイ・ヴィトンはこだわりぬいた高品質なアイテムを生み出してきたのです。

それゆえに価格帯は決して安いものではありませんが、小銭入れのような小物アイテムであれば比較的安価で手に入れることができます。

 

「ルイ・ヴィトンのアイテムが欲しいけど手が出ない」という方は、ルイ・ヴィトンの小銭入れを手に入れて、その魅力を楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

それに、ミニマルなスタイルが流行中の昨今では小銭入れはマストアイテムとなっていくでしょう。

キャッシュレスやカード払いが浸透しつつある今、財布を手放す人も増えてきました。

小銭入れ1つあれば、おでかけ時の持ち物も少なくスマートに動けます。

ルイヴィトン おすすめ小銭入れ7選

エピ ポシェット クレ

エピ_ポシェット_クレ

ルイヴィトンのロゴマークがさりげなく刻印されている「ポシェット クレ」。

エピは「風になびく麦の穂」をイメージして作られたモデルラインです。一見シンプルな見た目ですが、細かい型押しが光沢感を放ち上品な印象を作り上げてくれます。

 

エピはビジネスシーン、プライベート問わず使えるモデルラインです。どちらでも使いたいという方はエピの小銭入れを選んでみてはいかがでしょうか。

モノグラム ポルト モネ グゼ

モノグラム_ポルト_モネ_グゼ

ルイ・ヴィトンといえばモノグラムが圧倒的人気です。有名なデザインなので、ブランドに詳しくない人が見てもルイ・ヴィトンのアイテムだと気づいてくれるでしょう。

 

そんなモノグラムをあしらったこちらの小銭入れは、ポケットを開けると2つに仕切られた構造になっています。

2つに仕切られているので、小銭だけでなくカードも収納可能な万能アイテム。

サイズは小さいので、ズボンのポケットにすっぽりと入り身軽に動くことができます。

モノグラム タイガ コインカード フォルダー

モノグラム_タイガ_コインカードフォルダー

モノグラムとタイガ、2つの代表的なモデルラインが融合した小銭入れです。

表面からはタイガ・レザーの上質な風合いを感じられ、大人の魅力がぎっしり詰まっています。

 

デザインは人気のモノグラムをあしらった定番スタイル。誰にでも合う魅力たっぷりのデザインです。

 

こちらの小銭入れはカードポケットが4つもある優れもの。小銭の他にクレジットカード、定期、ポイントカードも収納でき、ちょっとしたお出かけならこの小銭入れ1つで十分です。

 

普段の持ち物を少なくして身軽に動きたい方におすすめの小銭入れです。

エピ ジッピー コインパース

エピ ジッピー コインパース

ルイ・ヴィトンの定番小銭入れであるジッピー コインパース。

ポケットの開閉部分が小さい小銭入れだと、小銭が取り出しづらくお会計に手間取ったりしますよね。

ジッピー コインパースはポケットが外側まで大きく開くので、小銭を取り出しやすく、お会計に手間取ることはありません。

 

シンプルで直感的な使いやすさは、スマートなスタイルを好む方にぴったり。くわえて気品を感じられるエピの繊細な型押しが、スマート×エレガントのスタイルを再現してくれるでしょう。

ダミエ ポルト モネ

ダミエ_ポルト_モネ

日本の市松模様をインスパイアしたとされるダミエラインの小銭入れです。

表面にほとんど装飾を使わず、ダミエの魅力をより一層引き立たせています。

 

ファスナータイプで取り出しやすい設計に、内側にはカードポケットが4つついています。

デザインだけでなく機能性も優れた小銭入れなので、初めて小銭入れを手にする方におすすめです。

モノグラム チェリーブロッサム

モノグラム_チェリーブロッサム

定番のモノグラムに、大胆にあしらった桜の花が特徴的な小銭入れです。

個性的なデザインは見る人の目に止まること間違いないでしょう。

一見カジュアルな見た目ですが、外側をおおう革や、角部分のゴールドの金具が高級感を薄れさせません。

内側にはベージュを彩り、小銭入れを開くたびに明るい気分にしてくれるでしょう。

カジュアルスタイルや個性的なデザインが好きな方におすすめの小銭入れです。

モノグラム ポシェット クレ

モノグラム_ポシェット_クレ

シンプルでスタイリッシュなデザインが特徴のポシェット クレ。

小銭入れとしての用途に特化したアイテムなので、カードポケットなどはありません。

しかしながら、一切の無駄を省き洗練されたデザインが多くの人の心を掴み、ルイ・ヴィトンが展開する小銭入れの定番アイテムとなっています。

「財布は財布、小銭入れは小銭入れ」というふうにわけてお使いする方におすすめです。

まとめ

いかがでしたか?

今回はルイ・ヴィトンのおすすめ小銭入れを8つ紹介しました。

ルイ・ヴィトンの小銭入れは、モノグラムやダミエ、エピといった定番モデルラインのアイテムが数多く揃っています。

それぞれのモデルラインによってデザインの特徴や印象も大きく変わるので、自分にあったモデルラインの小銭入れを選んでみてくださいね。

 

また、小銭入れといってもカードが収納できるタイプも数多くあります。

デザインにこだわるのか、機能性を重視するのか、などの基準で選ぶと良いかもしれませんね。

関連記事